/

この記事は会員限定です

悪質商法 相談件数24倍に

[有料会員限定]

「災害で住宅に破損がある。保険金で修理してはどうか」。業者が高齢者世帯などを訪問し、こう持ちかけるケースが増えている。実際は保険金対象の破損はないのに不要な工事を進めて高額な工事費や手数料を要求したり、費用の支払い原資として火災保険や地震保険の保険金を請求させて支払わせたりする悪質商法だ。国民生活センターによると、こうした悪質商法に関する相談は年々増加しており、2019年度は2684件と10年度の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン