/

この記事は会員限定です

自動運転、中国企業が攻勢

政府が戦略的規制緩和で後押し

[有料会員限定]

オートXは2020年12月、中国・深圳で初めて完全自動運転車の試験走行を行った。中国初であり、中国企業初でもある。ライバルが予備運転手の乗車や遠隔監視を続けている中、創業4年の新興企業が実現した。これは中国政府が重要技術の開発を急がせており、自動運転に関しても規制環境が急速に変化していることを意味する。

中国の法律では完全自動運転は認められていない。しかし政府の戦略に基づく高度な判断で、グレーゾー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン