/

この記事は会員限定です

米軍がアジアに対中ミサイル網 6年で2.9兆円要望

日比と協力焦点

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米政府と議会はインド太平洋地域で中国への抑止力を強化するため、2022会計年度(21年10月~22年9月)から6年間で273億ドル(約2.9兆円)の予算を投じる案を検討する。沖縄からフィリピンを結ぶ第1列島線に沿って米軍の対中ミサイル網を築く。台湾や南シナ海の有事を想定しており、同盟国との協力も課題となる。(関連記事国際1面に

アジア太平洋地域などを所管する米国のインド太平洋軍(総合2面きょうのことば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン