/

この記事は会員限定です

二審も父に懲役16年

千葉小4虐待死 「悪質性際立つ」

[有料会員限定]

千葉県野田市の自宅で2019年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父、勇一郎被告(43)の控訴審判決で、東京高裁は4日、懲役16年とした一審千葉地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

近藤宏子裁判長は、心愛さんが必死の思いで助けを求めたのに、被告が児童相談所や親族による救いの手を徹底的に排除し、孤立無援の状態に追い込んで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン