/

この記事は会員限定です

決算ランキング(4)「構造改革組」が積極還元

年間配当予想の増加率、海運大手や東芝が上位

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で積極的な増配による株主還元強化に動く企業はどこか。2021年3月期の1株あたり年間配当予想の前期に比べた増加率を調べた。コロナ前から収益力の向上策に取り組んできた「構造改革組」の海運大手や東芝、半導体製造装置のSCREENホールディングスが上位に入った。

3月期決算の上場企業(時価総額1000億円以上、決算期変更や株式分割・併合を除く)で年間配当の予想を公表している450社を対象に集計した。このうち4分の1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り481文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン