/

この記事は会員限定です

ESG情報開示を推進

米SEC委員長候補、投資家重視で方向転換

[有料会員限定]

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のニューズレター「モラル・マネー」3月3日号では、米証券取引委員会(SEC)委員長候補ゲーリー・ゲンスラー氏が企業に対しESG関連の情報開示を強化する可能性を示唆したことを論じた。主な内容は以下の通り。

SEC委員長候補に指名されたゲーリー・ゲンスラー氏は、環境・社会・企業統治の視点を大切にしたESG投資に関連するガイドライン作りを先導するのは、規制当局でも企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り670文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン