/

この記事は会員限定です

コロナ下 岐阜経済の実情は? 訪日客回復に2、3年

高山信金理事長 坂口秀平氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で地域や業種ごとに景況感に差が開いている。中部を代表する観光地、飛騨高山を抱える高山信用金庫(岐阜県高山市)と、自動車関連をはじめ製造業向けの取引が多い岐阜信用金庫(岐阜市)のトップに地域経済の実情を聞いた。

(聞き手は湯浅兼輔)

――観光業は大きな打撃を受けています。

「政府が需要喚起策『Go To』キャンペーンを一時停止し、戻り始めた観光客が再びいなくなった。緊急事態宣言の再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン