/

この記事は会員限定です

名古屋、接種「16歳以上」7月から 高齢者は5月本格化

市計画、ワクチン確保流動的

[有料会員限定]

名古屋市は4日、新型コロナウイルスワクチンの接種スケジュールを明らかにした。65歳以上の高齢者向け優先接種を4月14日から始めて5月中に本格化する。16歳以上で接種を希望する一般市民へは7月中にスタートする。市内の対象は計約152万人。政府からワクチンが順調に供給されれば、2021年中に完了できる見込みだ。

接種の日程は4日の市議会本会議で市健康福祉局の山田俊彦局長が自民党市議の質問に答えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン