/

この記事は会員限定です

九産大、1年前期からキャリア教育 就職「動けば成果」不安消す

基礎教育センター 大西特任教授に聞く

[有料会員限定]

九州産業大学は入学直後の1年前期からキャリア教育に取り組み、学生が「結果として就職が決まる学生生活」を送れるよう後押ししている。厚生労働省の「キャリア教育プログラム開発事業」(2014年度)に九州の大学で唯一選ばれ、その独自性が評価されている。基礎教育センターの大西純一特任教授に特徴を聞いた。

キャンパスは福岡市東区にあり、JR博多駅から電車で15分ほどだ。1960年に開学し、文系・理学系・工学系...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン