/

この記事は会員限定です

「三好モデル」企業研修に照準 課題解決、誘致の強みに

地域おこし通じ人材育成

[有料会員限定]

徳島県西部の山あいに位置する三好市が、高齢化など地域が抱える課題をワーケーション誘致の「強み」に変える道を探り当てつつある。課題解決への参加を通じ、人が育って帰ってくる研修型のワーケーションに企業が関心を示すことが分かったためだ。メニューなどの整備を急ぎ「三好モデル」を確立。誘致競争で先行したい考えだ。

ワーケーションといえばリゾート地で仕事をして、疲れを取ったり新たな着想を得たりというイメージが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1364文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン