/

この記事は会員限定です

火星探査の計画相次ぐ

生命の痕跡発見に期待

[有料会員限定]

火星探査の計画が相次いでいる。米国の探査機が日本時間の2月19日午前に着陸した。中国の探査機は5月にも着陸する。2年後には欧州とロシアが共同で打ち上げる探査機も火星の生命探しを計画している。火星には過去に地球と同じように豊富な水があったことが確実視されていて、生命の証拠がみつかる期待が高まっている。

着陸した米国の探査機「パーシビアランス」は車輪を備えて自力で走行するローバー(探査車)と呼ばれるタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1628文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン