/

この記事は会員限定です

準天頂衛星初号機打ち上げ(2010年)

日本版GPS実現へ

[有料会員限定]

2010年9月11日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などは、準天頂衛星「みちびき」初号機の打ち上げに成功した。みちびきは日本版の全地球測位システム(GPS)と呼ばれ、高精度な位置情報を安定して提供できる。

GPSは米国の測位衛星システムで、地球上のほぼすべての場所で現在位置を特定できる。みちびきは日本のほぼ真上(天頂)を通る。都市部や山間部など、米国のGPSの信号が届きにくい場所でも測位できる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン