/

この記事は会員限定です

欧州ステランティスCEO「内燃エンジン、これ以上投資しない」

EVへの注力姿勢を強調

[有料会員限定]

【フランクフルト=深尾幸生】自動車世界大手、欧州ステランティスのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は3日、ガソリンやディーゼルなどの内燃エンジンについて「これ以上、投資するつもりはない」と述べた。

同社は仏グループPSAと欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が統合して1月に発足。初の決算会見でタバレス氏は電気自動車(EV)に注力する姿勢を強調した。今後のガソリン車やディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン