/

この記事は会員限定です

現場の情報こそトップに必要

学研ホールディングス 宮原博昭社長(下)

[有料会員限定]

学研ホールディングス(HD)は積極的な企業のM&A(合併・買収)で、学習塾や介護、保育などの分野に事業を広げてきた。現在は連結売上高の4割強を医療福祉サービス事業が占める。規模拡大の旗を振ってきた宮原博昭社長は「経営判断を本部の会議だけで決めると、大きなミスを犯す」と語る。M&Aを実施する際も、対象企業の現場に足しげく通い、事前に情報を集めている。

――今に生きている入社後の経験はありますか。

「やはり阪神大震災の時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン