/

この記事は会員限定です

マツダ、一時4%高

円安で採算改善に期待

[有料会員限定]

3日の東京株式市場でマツダ株が一時、前日比38円(4%)高の908円まで上昇した。外国為替市場で円安が進行し、輸出採算の改善を見込む買いが入った。国内生産台数の約8割を輸出するマツダは他の自動車株に比べて為替変動の影響を受けやすい。上昇率はトヨタ自動車やホンダなどを上回った。

マツダの終値は4%高の904円だった。株価は昨年11月頃から回復基調にある。今年2月4日には2021年3月期の連結営業損益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン