/

この記事は会員限定です

小麦、7年ぶり高値圏

国際価格、米寒波・ロシア輸出制限で

[有料会員限定]

パンや麺類の原料となる小麦の国際相場が約7年ぶりの高値で推移している。2月に米国産地を襲った寒波の影響で冬小麦の生産が減るとの観測が浮上。新型コロナウイルス感染拡大の中、最大輸出国ロシアが国内の供給安定のために輸出関税を引き上げたことも相場の上げ材料となっている。国際相場の上昇は国内価格にも及びそうだ。

小麦価格の国際指標であるシカゴ先物(期近)は足元、1ブッシェル6.6ドル前後と2020年の安値...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン