/

この記事は会員限定です

民営7空港投資 44%減の58億円

北海道エア 21年度計画

[有料会員限定]

北海道エアポート(HAP、北海道千歳市)は3日、一体運営する北海道7空港の2021年度の事業計画を公表した。7空港への投資額は当初計画より44%圧縮して58億2000万円にとどめる。旅客目標も当初計画から半減させる。

投資の内訳は新千歳が当初比31%減の44億9000万円。駐機場の拡張や排雪場の移設などを先送りし、国際線の駐機場での給油設備の新設や駐車場拡張にとどめる。函館空港は2億8000万円、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン