/

この記事は会員限定です

中部の景況感 プラスに

1年9カ月ぶり 中経連、21年7~9月

[有料会員限定]

中部経済連合会が3日発表した中部の景況判断で、景気の良しあしを示す指数(DI)の2021年7~9月期の予想値が0.8と、1年9カ月ぶりにプラスに転じる見込みとなった。海外需要を取り込む製造業の業績拡大に加え、新型コロナウイルスのワクチン接種の開始で企業経営者の心理が改善した。

愛知、岐阜、三重、静岡、長野県にある中経連の会員企業702社を対象に調査し、241社から回答を得た。調査期間は1月26日~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン