/

この記事は会員限定です

家庭菜園 コロナ下の楽しみ

3密避けストレス解消

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、農業を新たな趣味として始めるシニアが増えている。農園の一区画を借りて野菜や果物を栽培する人が多い。将来の「脱サラ」に向けて農業学校に通う人もいる。屋外で体を動かせるだけでなく、巣ごもりでたまったストレスの解消にもなることが人気だ。旅行や観劇などに代わるコロナ下の楽しみとして関心が高まりそうだ。

「土に触れて野菜を育てることが精神安定剤になる」。東京都世田谷...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1661文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン