/

この記事は会員限定です

バイデン氏、予算局長の指名撤回

閣僚級人事で初

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は2日、米行政管理予算局(OMB)局長に指名したニーラ・タンデン氏の人事を撤回すると発表した。攻撃的な過去の発言などに与野党議員が反発し、議会で承認を得るメドが立たなかった。バイデン政権の閣僚級人事が頓挫したのは初めてとなる。

バイデン氏は、タンデン氏からの指名辞退の申し出を受け入れたと明らかにした。声明で「政権内で別の役割を担ってもらうことを期待している」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン