/

この記事は会員限定です

米商務長官にレモンド氏承認

対中ハイテク規制主導

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米議会上院は2日、商務長官に東部ロードアイランド州のレモンド知事を起用する人事を承認した。華為技術(ファーウェイ)など中国企業に対するハイテク規制を主導する。半導体などのサプライチェーン(供給網)を強化する重責も担う。

与党・民主党が主導する上院が賛成84票、反対15票で承認した。レモンド氏は近く宣誓して正式に就任する。

超党派で対中強硬論が広がるなか、ハイテク規制をどう運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン