/

この記事は会員限定です

山火事もたらす春先の強風、フェーン現象 鎮火に時間

地形も影響、悪条件に

[有料会員限定]

栃木県足利市の山林火災はようやく鎮圧されたが、3月から5月にかけては1年でもっとも山火事が発生しやすい。強く乾燥した局地風がたびたび吹くためだ。低気圧のコースによっては思わぬ風向きとなり、火災の範囲が広がることもある。風の変化の早めの把握が被害防止につながる。

足利市一帯では冬から春にかけて、群馬県の赤城山から吹きおりる乾いた北西風「赤城おろし」が観測される。北日本方面を低気圧が通り、西高東低の冬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン