/

この記事は会員限定です

大電化時代(3) 新車すべてCO2ゼロ

「灰色のEV」克服、総力戦

[有料会員限定]

「月400ドル(約4万2000円)もの通行料などが大きく減った」。ノルウェーの大手水産会社で働くマーティン・ストレビョさんはガソリン車から乗り換えたテスラの電気自動車(EV)「モデル3」に満足する。「デザインがいいし、航続距離も500キロで安心して運転できる」。往復20キロの通勤で乗るが夏なら充電は週1回で済む。

ノルウェーは2025年までに二酸化炭素(CO2)を排出しないEVや燃料電池車(FCV...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1297文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン