/

この記事は会員限定です

(サッカー)新生森保J、意地のドロー 親善試合でウルグアイに1-1

西村同点弾、果敢に攻め

[有料会員限定]

サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは24日、東京・国立競技場に6万1855人の観衆を集めて行われ、日本代表は西村(横浜M)が得点し、ウルグアイ代表と1-1で引き分けた。16強入りしたワールドカップ(W杯)カタール大会後の初戦で、2026年の次回大会を目指して続投した森保監督の下、日本は三笘(ブライトン)堂安(フライブルク)らが先発。前半に先制を許したものの、後半途中出場直後の西村が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません