/

この記事は会員限定です

再建、外資主導で本格化

サンデンHD、中国ハイセンス系傘下に 地元雇用に不安の声

[有料会員限定]

経営再建中の自動車向け空調大手のサンデンホールディングス(HD)が中国家電大手・海信集団(ハイセンス)グループを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。経営再建が本格化するが、株式の約75%(議決権ベース)を外資が握ることになり、本社のある群馬県では将来の雇用維持などを不安視する声も聞かれる。

「群馬で外資による大型買収は久しぶりだ。中国勢の台頭を物語っている」。群馬県の関係者は感慨深げに語る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り845文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン