/

この記事は会員限定です

スターフライヤー、自己資本比率が改善へ

株主が増資承認

[有料会員限定]

スターフライヤーは2日、臨時株主総会を開き、ANAホールディングス(HD)などを引受先とする第三者割当増資などで最大約110億円を調達する計画が承認された。月内に増資が実施され、自己資本比率は2割台まで改善する。2021年3月期は新型コロナウイルス禍で103億円の最終赤字になる見通しで、財務基盤の強化が急務だった。

総会は北九州市で午前10時半に始まり約30分間で終了。投資ファンドのアドバンテッジアドバイザーズ(東京・港)、スターフラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン