/

この記事は会員限定です

国公立ブランド 就職率にも効果

[有料会員限定]

地方では大都市圏以上に「国公立」のブランド力が強く、公立化は志願倍率のアップに直結する。文部科学省のまとめによると、2009年に公立化した高知工科大は初年度の志願倍率が12.6倍と前年の1.6倍から大きく上昇。近年も5倍前後で推移し、受験人気は定着している。

就職率が高まるケースもある。名桜大学は09年度の就職率が58.7%だったの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン