/

H2O、スーパー「第二の柱」に

百貨店苦戦、食品事業で支え

[有料会員限定]

エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングがスーパーを運営する食品事業の利益拡大を急いでいる。2021年3月期に約40億円を見込む同事業の営業利益を、24年3月期までには25%増となる50億円規模にする考えだ。主力の百貨店事業が新型コロナウイルスの影響で苦戦するなか、堅調な需要が見込める食品事業の稼ぐ力を伸ばしていく。

荒木直也社長は「百貨店事業の粗利益は低下傾向にある。食品事業を第二の柱にしたい」...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン