/

この記事は会員限定です

クレディ・スイス、ファンド凍結

ソフトバンクG出資先 運用に疑義

[有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】スイス金融大手クレディ・スイス・グループは1日、企業の運転資金に投資する2種類のファンドを凍結した。英金融サービス会社のグリーンシル・キャピタルが携わる運用資産について、一部で価値評価に「大きな不確実性がある」と判断した。グリーンシルはソフトバンクグループ(SBG)のファンドから出資を受けている。

凍結したのは「サプライチェーン・ファイナンス」と呼ばれる、企業間の売掛債権を運用対象にする機関投資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン