/

この記事は会員限定です

作家 門井慶喜(2)

恩師から受け取った卓上ブラシ

「9時からクジ」だじゃれ飛ばす

[有料会員限定]

同志社大学の日本史学科(正式名称はもっと長い)に入学し、3回生になると、ゼミは竹居明男先生のそれをえらんだ。

先生はのちに『日本古代仏教の文化史』を上梓(じょうし)することになる若き教授で、当時は40代前半だった。毎週のゼミは勉強になったが、先生はときどき、史料のなかのたった一字にこだわる大切さを説くのとおなじ口調で、他愛(たあい)ないダジャレを飛ばされた。私たち口の悪い学生が、

「そういうダジャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り635文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン