/

この記事は会員限定です

大成・鹿島元幹部に有罪

地裁判決 リニア談合隠蔽「組織的に」

[有料会員限定]

リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件で、独占禁止法違反(不当な取引制限)罪に問われた大成建設と鹿島の元幹部2人、法人としての両社の判決公判が1日、東京地裁であり、楡井英夫裁判長はいずれも有罪を言い渡した。

大成建設元常務執行役員、大川孝被告(70)と鹿島元専任部長、大沢一郎被告(63)が懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年)、法人としての大成建設と鹿島は罰金2億5000万円(同罰金3億円)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り377文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン