/

この記事は会員限定です

トルコGDP、昨年1.8%増

金融緩和策が奏功 持続に疑問も

[有料会員限定]

【イスタンブール=木寺もも子】トルコ統計局が1日発表した2020年通期の実質国内総生産(GDP)は19年比1.8%増だった。政府主導の貸し出し拡大に伴い、製造業や一部の消費がけん引した。ただ、高インフレや失業者の増加で市民生活は苦しさを増しており、成長の持続性には疑問の声も上がる。

産業別では製造業が2.1%増、金融・保険業が21.4%増だった。サービス業はマイナス4.3%、建設業は同3.5%だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン