/

この記事は会員限定です

トランプ氏、共和で影響力誇示

次期大統領選にらむ

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】トランプ前米大統領が28日、退任後初めて公の場で演説に臨み、2024年大統領選に再出馬する可能性を示唆した。最終判断は示さず、共和党でなお根強い「反エスタブリッシュメント(支配層)」の潮流を支えに、党内での影響力を保持する狙いだ。

南部フロリダ州で開かれている保守政治活動会議(CPAC)に登壇したトランプ氏は「私が民主党を打倒すると決断するかもしれない」と発言し、共和党支持者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン