/

この記事は会員限定です

中国、昨年の鋼材輸入2.5倍に

輸出大国、景気刺激で需要急増 なお能力過剰、市況翻弄

[有料会員限定]

中国の鋼材輸入が2020年に急増し、19年の2.5倍になった。中国の鉄鋼大手が当初減産に動くなか、政府の景気対策で需要が急回復した。中期でみると生産能力自体が減っていると中国政府は説明する。ただ、生産能力の過剰が解消したわけではない。周辺国の鉄鋼メーカーは今後も翻弄される状況が続きそうだ。

ベトナム鉄鋼大手のホアファット・グループが活況に沸いている。20年12月期の純利益は13兆5千億ドン(約60...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン