/

この記事は会員限定です

〈NEXTストーリー 復興の担い手たち〉原発被災地 記憶に残す

帰還困難区域をツアーで知る/伝統の相馬焼、工房再興

[有料会員限定]

福島県の太平洋沿岸には東京電力福島第1原子力発電所事故で避難した住民が戻れない帰還困難区域が今も広がる。この地域を人々の記憶にとどめようと、避難の実態を知ってもらう見学ツアーや、伝統の「大堀相馬焼」の工房再興に奮闘する人たちがいる。

掃き出し窓からのぞく家財道具は、住民があわてて避難した当時のまま。床やベッドを覆うコケが10年の歳月を物語る――。1月上旬、福島第1原発が立地する福島県双葉町。「強制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1325文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン