/

この記事は会員限定です

移動制限 農業生産に影

出稼ぎ減で人手不足 食品、6年半ぶり高騰

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が農業の足かせとなり、食品価格の高騰を招いている。収穫などの人手は外国人労働者に多くを依存し、移動制限の影響が大きい。日米欧の農業従事者は2020年7~9月期に前年比5.4%減り、過去最大の落ち込みとなった。異常気象も重なり、国際的な食品価格は6年半ぶりの高値圏にある。貿易の自由化などで食品の輸入依存度が上がる世界的傾向もインフレ圧力の背景にある。

国連食糧農業機関(FAO)に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン