/

この記事は会員限定です

金利上昇、緩和マネー転機

景気回復期待、成長株は下落 「全資産膨張」崩れる

[有料会員限定]

世界で長期金利が上昇し、マネーの流れが変わってきている。市場が前提としてきた金融緩和と低金利の両輪が崩れ、成長株や低格付け債といった資産からは資金が流出している。金利上昇の背景にある景気回復で需要の拡大が見込まれる銅や原油は上昇が目立つなど、全ての資産が膨張してきた金融市場が転機を迎えている。(1面参照

26日の米債券市場では長期金利の指標となる10年物国債の利回りが1.4%台前半となった。25...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン