/

この記事は会員限定です

「県民割」観光 再開相次ぐ

緊急事態宣言外の自治体

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出ていない地方圏の自治体で、独自の観光促進事業を始める動きが相次いでいる。地域を限った割引キャンペーンを通じ、苦境に陥る宿泊事業者の支援と感染防止対策を両立する狙いだ。各地の自治体は「緩み」による感染再拡大を防ぎつつ、経済社会活動を再開させるかじ取りが求められる。

秋田県は24日、県民が県内で宿泊する場合に利用できる「プレミアム宿泊券」の発行を再開した。5000...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン