/

この記事は会員限定です

京の底力 俳人 黛まどか

[有料会員限定]

コロナ禍で世界中の観光地が大打撃を受けている。京都も然(しか)り。昨年の6月、緊急事態宣言解除後の京都を数か月ぶりに訪れると、街は打水を打った後のようなしじまに包まれていた。

お陰でひと気のない京都散策を堪能することができたのだが、親しくしている老舗の料理旅館のことが気にかかり、電話をしてみた。と、「おおきに。お陰さまで、みんな元気にさせてもろうてます」と若女将。拍子抜けするくらい涼やかな声に、私...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り456文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン