/

この記事は会員限定です

ファイザー製ワクチン「一般冷凍可能」

米当局、保存条件を緩和

[有料会員限定]

【ニューヨーク=西邨紘子】米食品医薬品局(FDA)は26日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンの輸送・保存条件を緩和した。従来は超低温冷凍が必要だったが、薬局などで一般に使われる冷凍庫で2週間まで保管できるようになる。特殊な冷凍設備がない場所にもこのワクチンを配布しやすくなる。

ファイザーのワクチンはこれまで、流通・管理にセ氏マイナス60~同80度での保存が必要で、解凍後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン