/

この記事は会員限定です

減る新卒人口、改革迫る

22年卒、景気不透明でも争奪戦 一括採用・長期雇用揺らぐ

[有料会員限定]

2022年春に卒業する大学生の採用活動が3月1日の説明会解禁で本格化する。新型コロナウイルス禍で景気の先行きは見通しにくいが、企業の新卒採用意欲は底堅さをみせている。今後、若者の人口減少のペースが速まり、新卒者が貴重になるためだ。少子化の影響が強まることを背景に、人材獲得競争はより激しくなりそうだ。

日本経済新聞社が20年10月にまとめた大卒採用調査では、主要企業の21年春入社の内定者数は前年春...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン