/

この記事は会員限定です

米シカゴの取引所、炭素排出枠の先物上場

企業が自主的に活用

[有料会員限定]

【シカゴ=野毛洋子】米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループは3月1日に炭素の排出枠を取引する商品先物を上場する。カーボンゼロを目指す企業が温暖化ガス排出分を埋め合わせるため、植林などのプロジェクトに投資して得る排出枠(クレジット)を取引する。脱炭素の流れは世界で加速しており、炭素クレジットの市場が2030年に500億ドル(約5兆3千億円)に達するとの試算もある。

上場するのは「グローバル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン