/

この記事は会員限定です

高梨僅差、悔しい銅 世界ノルディック

2大会ぶり表彰台 ジャンプは手応え、着地に乱れ

[有料会員限定]

【オーベルストドルフ(ドイツ)=共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、ジャンプ女子個人ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS106メートル)で高梨沙羅(クラレ)が合計276.3点で3位に入った。個人では銅メダルを獲得した17年以来、2大会ぶり3度目の表彰台。

高梨は1回目に104メートルを飛んで3位につけ、2回目も100メートルにまとめて順位を守った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン