/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹社長に細谷氏

ネットと実店舗、融合急ぐ

[有料会員限定]

三越伊勢丹ホールディングスは26日、子会社の岩田屋三越(福岡市)の細谷敏幸社長(56)が4月1日付で社長に就く人事を発表した。杉江俊彦社長(60)は代表権のない取締役に退く。細谷氏は構造改革で地方百貨店を再生した実績がある。新型コロナウイルス下で業績が悪化するなか、ネットと実店舗を融合したデジタル化に挑む。

「百貨店のビジネスモデルはもう消費者から受け入れられないのではないか」。同日オンライン会見で細谷氏は危機感を示した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン