/

この記事は会員限定です

震災10年 生鮮品再興どこまで(下)オール東北で拓く販路

新たな挑戦、輸出も加工も

[有料会員限定]

2月中旬、宮城県女川産の生きた殻付きのカキが仙台空港で通関されシンガポールに向かった。宮城県から同国へカキ加工品を輸出した例はあったが生きたカキは初めて。わずか20キロだが、販路拡大への新たな一歩だ。

立役者は青森から福島まで「オール東北」で農水産物の輸出拡大を目指す地域商社、東北・食文化輸出推進事業協同組合(宮城県名取市)だ。

東北は世界有数の漁場を抱え、牛肉やリンゴなど海外で人気の食材も多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン