/

この記事は会員限定です

東邦ガス、社長に増田氏 CO2回収・水素技術開発を推進

[有料会員限定]

東邦ガスは26日、増田信之取締役専務執行役員が社長に昇格する人事を正式に発表した。就任は6月。政府が2050年に温暖化ガスを実質ゼロにする目標を掲げ、エネルギー業界を取り巻く環境は大きく変化している。同日、名古屋市内で開いた記者会見で増田氏は「水素関連やCO2(二酸化炭素)回収の技術開発を進め、カーボンニュートラル社会に適応したい」と力を込めた。

50年のゼロ目標に向けまずは化石燃料の中でCO2排出量の少...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り442文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン