/

この記事は会員限定です

環境配慮4‰ 作物ブランド化

山梨県、農業で脱炭素推進

[有料会員限定]

山梨県が地球温暖化を抑制しようと農業で「脱炭素」に取り組んでいる。モモやブドウなどの生産が全国1位の山梨県では、冬場に多くの枝を剪定(せんてい)する。大量の枝を炭にして土中に埋めることで、二酸化炭素(CO2)の排出量を削減できるという。さらにそうした果樹園や畑でとれた農産物を「環境に優しい作物」としてブランド化する計画も進めている。

この取り組みは「4‰(パーミル)イニシアチブ」という国際的な活動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン