/

この記事は会員限定です

磁石の磁気特性、AI解析で推定 東大グループ

[有料会員限定]

東京大学の河口真志助教らは人工知能(AI)を使った画像認識技術を応用し、磁石が持つ特性を推定する技術を開発した。磁気特性の違いによって応用目的が変わる。簡単な推定手法が求められていた。

研究グループは、磁石が持つ「磁区」と呼ぶ領域が書き込まれた10万枚の画像データと、実際の磁区を示す数値などが書かれた1万枚のデータをAIに学習させた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン