/

この記事は会員限定です

貧困削減に有効な政策は

慶応義塾大学教授 土居丈朗

弱い非正規雇用の安全網 原発の利用法を問い直す

[有料会員限定]

2度目の緊急事態宣言に伴う経済活動の自粛で、生活困窮者への支援をどうするか。生活困窮に対する政策は貧困対策としては戦後最大規模だが、大きな矛盾があると評するのは、東京都立大学教授の阿部彩氏(2月1日付経済教室)である。

コロナ禍で公共料金や家賃が払えない人は、平時でも多くはそうだという。理由を問わず貧困に陥ったときに、素早く必要な人に必要なだけ給付するシステムがあれば、今般の一律給付のような大ざっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2161文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン