/

この記事は会員限定です

野原一夫「回想太宰治」 東京・三鷹

まことにさっぱりした感じだった。

[有料会員限定]

太宰治が東京府三鷹村(現・三鷹市)に引っ越したのは1939年。旧制高校に通う作者の野原が初めて訪ねた戦前は、駅から100メートルほど行くと「雑木林と畑の、田園の匂い」がしたという。

太宰は戦火を逃れ一時、青森県の生家などに移るが、46年晩秋に舞い戻り、48年6月の死去まで住んだ。

今はテナントビルなどが立ち並ぶ駅前通り。その一角の三鷹市美術ギャラリー内に「太宰治展示室」が昨年末にオープンしている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン